吸気量

車の速度調整は、ドライバーがアクセルペダルを操作することによって行われます。

このアクセルペダルの操作によって変化しているのは何でしょうか。それは、吸気量です。ですが、実際に吸気量を調整していいるのは、スロットルボディ内に納められたスロットルバルブで、アクセルペダルを踏み込むほどバルブが大きく開いて吸気量が増大して行きます。その吸気量に応じてエンジンを制御するコンピューターが、燃料の大小を調整しています。アクセルペダルを完全に踏み込んだ状態であるならば、スロットバルブは全開になります。そのため、空気の流れを妨げることはほとんどなく吸気抵抗は発生いたしません。しかし、実際にはスロットバルブが全開という事はあり得ません。全開以外の状態では、その閉じ具合によって、吸気抵抗が発生します。エンジン回転数が低めで、使われる空気の量が少ないのであるならば、スロットルバルブが半開であっても問題ないと考えるかもしれません。ですが、空気の流れが悪くなることには変わりがありませんから、吸気抵抗によってポンプ損失が発生します。車買取 弘前