赤ちゃんが産まれるまで

私の初めての出産は23才でした。臨月を迎えてもなかなか赤ちゃんが下がってこず、

片道3キロのスーパーまで歩いて行ったり、オロナミンCを飲んだりカレーを食べれば陣痛がくるというジンクスを信じて実践したりしていました。それでも予定日になっても陣痛はこず、予定日の翌日に検診へ行く予定でした。すると、予定日を過ぎた夜中2時頃に少し尿漏れした感覚があって起きてみると、どうも尿ではなさそう、、、。匂いを嗅いでみると生臭かったんです。すぐに病院へ連絡し、入院となりました。朝食の時間には、生理痛ぐらいの痛みが不規則にきていました。すると、みるみると本陣痛につながり、13時半には分娩室に移動して、NSTなどの機械をつけていただいている間に子宮口は全開になりそのまま14時に元気な女の子を出産しました。出産と同時に嘘のように痛みは消え去り、急におなかがすいてしまって分娩台の上でおやつをいただいてしまうくらい余裕がありました。夫も立ち会いしてくれ、良い出産になったと思います。
粉ミルクだけではない液体ミルクの魅力