トヨタ自動車の歴史

トヨタ自動車の歴史をご存知でしょうか。今では世界屈指の大企業となったトヨタですが、その始まりを探るには150年以上前までさかのぼる必要があります。

今日のトヨタグループの礎を築いたのは、豊田喜一郎という人物です。しかし、豊田喜一郎に創業の精神を叩き込んだのは、その父親の豊田佐吉です。父親がいなければ喜一郎の活躍はなかったはずです。豊田佐吉が生まれたのは江戸時代末期の1867年で、今の静岡県で誕生しました。彼は明治のベストセラー1870年に出された「西国立志編」の影響を非常に強く受け、向学心を高めることになりました。当初父親の家業である大工仕事を手伝っていましたが、その中でバッタン付き高機木の改良を思い立つようになりました。そして改良した手織り機の特許出願を求めて東京の特許局に通い、ついに1891年に特許が与えられました。その続きも興味深い話しなので、続きを書いてみたいと思います。
車買取を大阪で