やっぱ黒毛和牛です

スーパーでは様々な牛肉を売ってます。私も多少はお金があるときは、鶏肉や豚肉ではなく、牛肉コーナーを覗いてみたりします。牛肉っていうだけで、すでに美味しそうな気がするのは私だけでしょうか。
ところで牛肉も手ごろな値段なのは、オーストラリアのオージービーフや、アメリカなど海外の肉ですね。で、ちょっと高くていかにも良さそうな肉は、みな国産牛でパッケージに「黒毛和牛」って印字してあります。
私のレベルでは、黒毛和牛はまだまだ憧れの存在で、自由にパッパッと買えるものではありません。なので、いつもよりお金があって実際に買うときには、すき焼きとか、しゃぶしゃぶ、あるいはステーキ、焼肉など、肉そのものをしっかり味わう料理にする決めているときに限って、重さ、見栄えなどなど、迷いに迷って吟味してスーパーのカゴに入れるんです。
ひと言で黒毛和牛とは言っても、値段も産地も、これまた様々なので本当に迷ってしまいますが、ついに買った時には、この肉の味わいを殺さないよう大事に大事に調理していただきます。
ところでネットで見たんですが、最近は黒毛和牛のローストビーフもあるらしく(私だけが知らなかったのかな?)、価格的にはそれなりになってしまうとは思うのですが、一度、お取り寄せして食べてみたいなと思ってます。
ローストビーフ取寄せ