タイヤの役割

 

タイヤは、安全上重要な部材です。乗用自動車であれば、前論と後輪で4本装着しています。タイヤの役割は車両の重量を支えることです。自動車と路面との唯一の接点部材です。そのため、自動車の大きさや重量にあわせて、タイヤの幅や大きさを決めることが有用です。その他の役割として路面からの衝撃を和らげます。衝撃吸収にはサスペンションも役立ちますが、ゴム製のタイヤは乗り心地に大きく寄与します。サスペンションとゴムの柔らかさで衝撃を吸収しています。もうひとつは駆動力や制動力を路面に伝え、自動車を制御していることです。走る、曲がる、止まるはすべてタイヤと路面との摩擦力によって成り立っています。それほど重要に部材にため走行前には傷がないかどうかや、空気圧が適正かどうか日常点検を行うことが重要です。傷があると走行中にバーストする可能性があります。また、雪道や凍結路面では、滑らないようにスタッドレスを装着することが有用です。

http://garageboso.com/