毎年2万キロ走っている車

車での移動が激しいので1年で2万キロ近く走るため車の傷みが激しいです。仕事はもちろん、旅行などもほぼ車でいくため走行距離が半端じゃありません。

一度車を購入したらほぼ乗りつぶすまで乗り続けます。幸いに愛車のワゴンRはメンテナンスもこまめに行っているせいかとてもよい状態で走りつづけてくれています。

しかし、すでに10万キロを超えてきているのでそろそろ新しい車を探し始めています。ここで気になるのが買い替えの場合は下取りにだすか、売却するかのどちらを選択するかということです。

世間一般では下取りの方が条件よく引き取ってくれる印象がありますが、車の購入とセットになっているため下取り価格と購入価格でバランスと取られているためトータルで考えると売却して購入車両の価格を減額させた方がトータルでお得になることがあります。
クラウン 売却
かならずそうなるわけではないのでどうするかは見積もりを見ながらの調整となります。そこまでがめついことはやりたくありませんが、できるだけ高く買ってもらえれば新車のオプションを少しグレードアップすることも考えられます。

まだどの車種にするかは決めていませんが、新しい車は少し大きめのものにしようとおもっているのでまた旅行などに行くのが楽しみになってきます。