一般的な白髪染めの仕組み

一般的な白髪染めは、どのような仕組みで髪を染めているのでしょうか?白髪染めは、その中に配合されている成分によって白髪を染めていきます。

白髪染めを購入すると、パッケージの箱に、1剤、2剤と書かれています。1剤とは、主にジアミン系の色素中間体で、2剤とは、過酸化水素が含まれた成分です。この2つの薬剤を混ぜて髪の塗布することで、さまざまなカラーに染める事が出来ます。1剤に含まれているアルカリ剤には、髪の毛のキューティクルを強制的に開く作用があり、その作用で髪の毛の内部にまで戦勝を入れ込む事が出来て、しっかりと染める事が出来ます。そして、このアルカリ剤には髪の毛が持っているメラニン色素を分解して脱色させる働きがあります。髪の毛に浸透した染料と、分解されたメラニン色素がお互いに結合して、水にも溶けない物質に変わるのです。出すから色落ちしないでしっかりと髪の毛に色を定着させることができるのです。このようにアルカリ剤は髪の毛にとって刺激がありますが、祖も文しっかりと白髪を染めてカラーを持続させることができます。サスティ