髪の毛の仕組み

「髪」というものは、頭皮から出ている「毛幹」と、頭皮の中の部分「毛根」からできています。頭皮の中で髪の毛が成長して行くときに、色素細胞が作り出した色素が髪に取り込まれることによって、白い髪が黒くなるのです。

黒ではない時ももちろんあります。茶色とかブロンズとかですね。日本人の場合、髪という透明な入れ物の中に、黒い色素が入って、黒色が見えるのです。この色素細胞をメラノサイトと言います。この色素細胞は、さまざまな理由で数が減少したり、働きが衰えたりします。その原因は、老化、病気、栄養状態の不良などです。色々な原因でこの色素細胞が作られなくなると、髪に色を付ける事が出来なくなって、「白髪」になります。白髪はこのような仕組みで作られるのです。今白髪の原因と言われていることとして、「遺伝」、「加齢」、「生活環境」、「病気」、「ストレス」などが考えられています。これらの原因を取り除けば、白髪を予防したり、白髪を減らしたり、白髪が増えることを防ぐ事につながると思われます。サスティ評価